借地権の種類

土地を所有していたり、あるいはマンションなどを持っている人は、その土地に関しての権利を持っていますが、これを管理する法律が借地権です。借地権とは、第三者の土地を借り、その上に建物を建てる権利のことで、借りる側を借地権者、貸す側を借地権設定者と言います。当然、借地権者は借地権設定者に対して、土地を使用する対価を月々支払うことになります。

旧法借地権ただ、この借地権にはいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。まずは旧法借地権です。これは権利の存続期間が30年と設定され、借地権者を守る性質を持った法律で、借地権設定者が更新を拒絶したり、建物の明け渡しや更地返還を求めることを認めていません。つまり借地権設定者にとってはとても不利な法律とも言えるのです。次に、普通借地権です。これは契約の期限は予め決められていますが、更新することで半永久的に借りることができるものです。これに対し、更新をせず契約終了後は更地にして返還するというものが定期借地権です。主に住宅用としての権利となります。

土地は住宅用だけでなく事業用目的のものもあります。その場合は事業用定期借地権が適用され、これも契約終了後は更地にして返還することとなります。他にも借地権設定者が、建物を買い取ることになる建物譲渡特約付借地権や、仮事務所やプレハブ倉庫など一時的に土地を借りる際の一時使用目的の借地権があります。