借地権の旧法と新法

借地権店舗やマンションなどを建てる場合、自分の土地ではなく他人の土地の上に建てることがあります。下と上の所有者が異なることになりますが、こういったケースでは借地権が大きく関わってくるのです。この借地権ですが、簡単に言えば、他人の土地に建物を建てる権利のことで、利用者は地主に対して、その対価を支払うことになります。

さてこの借地権ですが、旧法と新法があり、1992年8月1日を境にどちらかの法律が適用されていることになります。この旧法の借地権は、借りる側に大きなメリットがあるのが特徴です。この法律では、地主は更新を依頼されると断ることができず、つまり自分の土地であっても、他人の建物が建っている限り、自分で利用することができないことになります。

こうした点を改善した新法が施行されたのですが、旧法と大きく違う点は、更新期間をきちんと決めるという点にあります。そのため、地主としては自分の土地がいずれは戻ってくるという安心感があり、借りる側とのトラブルに関しても大きなメリットがあるのです。こういった期間を定めるものとして、新法では事業用の定期借地権や建物譲渡特約付借地権、一時使用目的借地権があり、これも旧法との違いとしては大きなものと言えます。その他にも、様々な点で旧法とは異なる点があり、どれも地主にとって有利な条件を定めたものとなるのです。このサイトは、こういった借地権に関して旧法と新法の違いについて説明します。